So-net無料ブログ作成
検索選択

優駿牝馬回顧 [2017春]

ソウルスターリングはさすがの強さ。馬を前に置いて折り合って。直線はフラつきもしたが、それであの着差だから、もう完勝と言う他ない勝ちっぷりでしたな。2着はモズカッチャン。GⅡ→GIと2走連続内がズバッ開いて恵まれることなんてないだろうと、うがった見方で最後に切ってしまったが、またしても「ズバリ!」でした。しかし、勝ちに行って粘ったんだから、力は本物。フローレスマジックは逃げた段階で「ない」と思いました…。レーヌミノルは前が残る馬場を見て急遽ヒモ買いしましたが、池添には位置を取りに行って欲しかったですねぇ。ま、あれだけのジョッキーが位置を取りに行かなかったんだから、そもそも距離に自信がなかったとも言えるのでしょうが。
アドマイヤミヤビは、桜花賞から立て直して、しかも今日の馬場で3着は頑張った方でしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。