So-net無料ブログ作成

東京優駿 [2017春]

本命候補、というか、ほぼほぼ本命予定はスワーヴリチャード。皐月賞に続く本命となる。その皐月はやはり右回り不得手だったか、外々を回ったこともあり、レコード決着の6着。もう少し格好をつけて欲しかったのが本音だが、共同通信杯圧勝の東京なら見直して当然。血統的に距離も問題ナシ。枠も恵まれた。ダービー2勝、冷静な四位の手綱捌きに期待。
明日は雨が降るようだが、土日は晴れだし、やはり前週同様、内枠の先行が有利な馬場となるか。
相手候補は、最内から最高に乗ってダンビュライト、先行粘り腰のクリンチャー、末脚鋭いレイデオロの3頭が基本線。1番人気になりそうなアドミラブルはどうだろう。確かに強い。しかし、フルゲート18頭で前走と同じ競馬は出来まい。しかも、近2走が2400で、前走は東京までの輸送もあって、そこから中3週のローテ。ついでに枠も大外。これで勝たれたら「ゴメンナサイ」というほど危険な人気馬か。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0