So-net無料ブログ作成
検索選択

フェブラリーS回顧 [2017春]

優勝ゴールドドリーム、お見事でした。やや立ち遅れはしたものの許容範囲内。道中もリラックスして直線は堂々と馬場の真ん中を正攻法での抜け出し。力を出し切れれば、やはりGIでも勝ち負けの力は持っていたということ。しかし、デムーロはさすがの勝負強さですな。2着はベストウォーリア。年齢を重ねて距離適性が1400にシフトしたかと思い評価を落としたが、この走りには脱帽。古豪健在でした。3着カフジテイクは、追込み届かず3~4着と見ていたが、これは想定通り。やはり、津村クラスのジョッキーで、GI1番人気の追込み馬は荷が重い。
モーニンと×ノンコノユメは2頭とも昨年の力を出せず。前者は早熟説を取るべきか。後者は去勢で覇気をなくしたままか。いずれにしても1度落ち込んだ馬の立て直しは難しいということ。反省。

フェブラリーS確定 [2017春]

モーニン
ゴールドドリーム
×ノンコノユメ

3番手は馬体重見て急遽ノンコにしました。

フェブラリーS [2017春]

新・GI馬連2点勝負!第1戦フェブラリーSの本命はモーニン。昨年のフェブラリーSを制した後は、かしわ記念の大敗、武蔵野チャンピオンズの敗退と、まるで早熟馬だったかのようなパフォーマンスの低下とも思えるが、秋初戦の日テレ盃でアウォーディーと直線叩き合ったように、まだ力は落ちていないはず。ここ2戦は、砂を被って下がったようだが、今回は外に僚馬ベストウォーリアがいるのが心強い。おそらく直線まではモーニンの外で後方支援に従事することとなろうか。力落ちのない昨年の覇者が僚馬のフォローを受ければ自ずと結果は見えてくる。モーニンの連覇。
相手関係は、最後まで迷わせていただきます。現時点での候補は4頭。①サウンドトゥルー。ここまで人気が落ちると鞍上も気楽。③ゴールドドリーム。出負けは不安要素だが。④コパノリッキー、⑤アスカノロマン。この2頭は流れ次第か。

もう一丁 [お知らせ]

スマホからのテスト

いよいよ、再来週はフェブラリーS! [お知らせ]

 昨夏、単複勝負をした結果、道中の不利、ポジショニング、馬場etc、いかんともし難い敗因と図らずも連続で出くわし(いずれも当たり前のことではありますが)、大きな「迷い」に陥り、まるで出口のない袋小路に入ってしまったかのような秋シーズンを過ごしました。しかし、充電したおかげで「迷い」はなくなり、改めて馬連2点勝負で行くことで決意を新たにしました。第1戦はフェブラリーS。 これまでは、HPで金曜もしくは土曜に公開していましたが、今回からは適宜、このブログを利用して、予想を展開していこうと思います。生まれ変わった馬連2点勝負をよろしくお願いいたします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。