So-net無料ブログ作成

高松宮記念 予想と回顧 [2017春]

結局のところ、本命には巻き返しのシュウジ、対抗にソルヴェイグ、ヒモにフィエロという予想で挑みました。結果は、周知のとおりで完敗…。シュウジの巻き返しなど夢のまた夢、ソルヴェイグもいいとことなく、フィエロこそ追い込んできたものの、すでに結果は見えた後のこと。
しかし、セイウンコウセイとは。前走までの競馬を見てもとても強いとも思えないし、すでに底は見えた馬と考えていたが、馬場の真ん中を突き抜けるとは。馬場状態も味方したんでしょうが、脱帽しました。2~4着はいずれも直線で内を選んだ馬で、これは川崎のダートでも好走したレッツゴードンキと力上位のレッドファルクスの2頭をエスコートした岩田とデムーロの好騎乗。

高松宮記念 [2017春]

さぁ、春のGI開幕戦・高松宮記念。今年から大阪杯がGIになってここから4週連続GI。気持ちも自然と高ぶって来ますなぁ。
木曜の夜。もちろん、枠順もまだ。ひとまず有力馬を上げておきます。まずはスプリンターズの覇者で暫定王者とも言えるレッドファルクス。香港帰りの休み明けで、幾分帰厩は遅かったものの、やはり3戦3勝の中京では軽く扱えない。それから、そのスプリンターズで3・4着だったソルヴェイグとシュウジ。特にソルヴェイグの方は、そのスプリンターズの直線で狭くなったにも関わらず最後まで脚を使ったように根性が非凡。あとは一叩きの効果がどれだけあるか。シュウジは前走がさすがにいただけないが、能力的には見限れない。そして、古豪フィエロ。爆発力こそないものの、持てる能力を発揮する安定度はここでも随一。初の1200でも連ならあるか。さらにレッツゴードンキ。アテにはならないが、岩田の教育が結実するかどうか。最後にワンスインナムーン。底を見せていない馬で一発なら。