So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

安田記念① [2018古馬1200~1600]

本命候補は2頭で、大阪杯の1・2着馬スワーヴリチャードとペルシアンナイト。
左回りは無類のスワーヴだがマイルは初。流れも落ち着きそうなメンバー構成で、マイルの激流に飲み込まれることはなさそうだが、それでも初マイルで中距離と同じ終いの脚が使えるのか、気になるところではある。無論、力は最右翼。
逆転を狙うペルシアン。ミルコがスワーヴを選択した辺りは気になるが、マイルならこの馬の末脚は抜群に生きてくる。左回りもそこそこの結果を残していて、立ち回り次第では逆転も十分。

nice!(0)  コメント(0) 

東京優駿回顧 [2018三冠]

まずは、福永のダービー制覇を讃えましょう。あのキングヘイローのダービーから十数回ですか。よくぞ勝ちました。馬券抜きに、おめでとうと。
ブラストワンピースは直線でその福永にフタをされて行き場を失ったのが痛かった。あそこがスムーズなら勝ち負けの位置にいれたとは思うのだが。ま、それも競馬で仕方なし。
しかし、先週のオークスを比べると、タイムこそ勝っているものの、レーティング的には明らかにオークスの方が上と言える結果。ワグネリアンにせよ、エポカドーロにせよ、ワンランク強くなれないと、古馬でもGIというわけにはいかない。
ちなみに馬券は、ブラストワンピースから、前残り狙いでエポカドーロとジェネラーレウーノでした。
それにしてもボウマンはさすが。エタリオウを4着まで持ってくるとは。
nice!(1)  コメント(0) 

東京優駿② [2018三冠]

本命、ブラストワンピース。調教後馬体重がだいぶ重めで、これで大丈夫かとの疑念も残りはしますが、2戦目で東京2400を差して圧勝し、1800に戻した3戦目では、好位から楽に抜け出す競馬で重賞制覇。スピード、センス、瞬発力、スタミナを兼ね備えているからこその連勝劇といえる。加えて、毎日杯でラチに接触しながら狭いところを抜け出してきたようにタフな精神力も持ち合わせているところも強み。池添という点も心強い限り。
相手は4~5頭から絞ります。ダービー前夜、もうひと思案。
nice!(1)  コメント(0) 

東京優駿① [2018三冠]

さぁ、ダービーです。現時点での本命候補はちょっと多いけど5頭。まずは皐月賞馬エポカドーロ。人気薄が嵌ったと思われがちだが、2着を離して勝ったのも事実。アタマ推しとまでは行かなくとも連軸としての安定味は一番。2頭目はステイフーリッシュ。裏街道で相手も弱かったが、前走の楽勝は見事。3頭目は同じく裏街道組からブラストワンピース。NHKマイル2着のギベオンを軽くあしらった毎日杯は見所あり。4頭目はジェネラーレウーノ。内枠ならこの馬を狙おうかとも密かに思っていた馬。最後にグレイル。立て直し2戦目のここで一発があっても。
nice!(1)  コメント(0) 

優駿牝馬回顧 [2018三冠]

アーモンドアイには脱帽。もう、この言葉以外にありません。大変失礼いたしました!
まぁ、冷静に分析すると、まずは馬の能力が違っていたということ、それと血統的には母系に距離の融通性があったことが言えるというところか。ま、そんな教科書じみたことは置いておいて、はっきり強かった。そしていいレースだった。もうこれしかないでしょう。直線半ばから、強い3頭がポツンポツンポツンと離れ、ゴールを迎えたのは、いかに上位が力を出し切ったかという証左。
素晴らしい競馬でした。
nice!(0)  コメント(0) 

優駿牝馬③ [2018三冠]

本命はラッキーライラックとしました。石橋脩を信用するか否か、大いに迷いましたが、桜花賞でも最内で1番人気という難しいシチュエーションの中、勝ち切る競馬が出来ていたし、馬はそもそも十分な力。クラシック戴冠に期待。
相手は最後まで◎を迷ったリリーノーブルが筆頭。もう1頭は角居厩舎3騎の中でもっとも間隔をとってジックリ乗り込んできたカンタービレを指名。
nice!(1)  コメント(0) 

優駿牝馬② [2018三冠]

本命はラッキーライラックとリリーノーブルの2頭で迷ってます。天気も持ちそうで、先週の馬場を考えると超高速決着になるか。阪神JF→桜花賞と王道を歩んできた2頭の上位評価は揺るがず。GI ではまだまだキャリアの浅い石橋脩とすでに歴戦の川田。騎手なら当然川田だが、馬ならラッキーか。最後まで熟考します。
アーモンドアイは週はじめのコメントどおり、思い切って消し。しかし、1.7倍とは。すげぇなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

優駿牝馬① [2018三冠]

リアルタイムで見た、最も古い記憶のオークスは、シスタートウショウの追い込みが記憶に残る、イソノルーブルが勝ったオークスです。あの時は、松永幹夫、角田功一に岸滋彦、岡潤一郎と若いジョッキーが有力馬に揃って乗った牝馬クラシックだった記憶もあります。そんな90年代から生きていると、ロードカナロアの産駒が、いかに3歳牝馬限定とはいえ、2400のレースで勝ち負けできるとは思えないのです!母フサイチパンドラで母系がしっかりしててもダメ。受け付けない自分がいます。そもそも、マイルであれだけの脚を使って強い競馬ができる馬が、2400でも同じ脚を使えるとは思えませぬ。そんな感慨の夜を送っています。
nice!(1)  コメント(0) 

ヴィクトリアマイル回顧 [2018古馬1200~1600]

馬券は、リスグラシューに本命を打ち、相手にはアドマイヤリードとレーヌミノルを選択。いきなり雨が強くなったことでアエロリットとラビットランは評価を下げました。
リスグラシューは武のきれいな脚を伸ばす騎乗でよく伸びたもののハナ差及ばず。勝ったジュールポレールはここのレース狙い打ちがビッタシ決まりましたね。勝負根性があるところを見せつけての勝利で幸ともどもお見事でした。とはいえ、3着のレッドアヴァンセを含め、全体的にレースレベルは低いと言わざるを得ないですな。ま、牝馬限定戦だから仕方ない訳ですが。
レーヌミノルは高松宮記念に続きヒモ指名しましたが、期待には応えず。少なくともGIで馬券対象になることはもうないかなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

ヴィクトリアマイル① [2018古馬1200~1600]

本命候補は、ハッキリ3頭。有力2頭は、アエロリットとリスグラシュー。アエロリットは、休み明けの中山記念で18kgの馬体増ながら、粘り腰の2着確保。ここは調子も上がり、舞台も好転する。最有力の1頭。リスグラシューも前走はスローに泣いたが、それでも鋭い脚で3着確保。東京新聞杯がいい競馬で、ここも枠と位置次第では逆転も。
一発ならラビットラン。左回り実績は、中京の平場500万勝ちの一戦のみ。ただその末脚が見事。前が必要以上にやり合えば大外一気も。
枠と展開、馬場状態を見極めて軸を確定させます。
nice!(1)  コメント(0)